THE X-CHAPTERS / Xチャプター

米国から本の話題をお届け

元祖・ロマンス小説の表紙男ファビオ様、そしてファビオ様の記録を抜いたバカさん

f:id:AgentScully:20200301081011j:plain
ロマンス小説の顔、ファビオ様だ!
 ロマンス小説とラブストーリーに関して考察する記事にもちらっと書きましたが、私にはアメリカのロマンス小説の表紙の男が全員同じに見えます。
blog.the-x-chapters.info
 皆さんもうちょっと個性を出せないものか、と思うくらい同じような顔やポーズで一年中寒くても暑くても脱いでいる人たち。アメリカのロマンス小説のターゲット読者のストライクゾーンは狭いということでしょうか。

 しかし、実際同じような男性が繰り返し使われていたとは! 

 皆さんは冒頭の画像の男性「ファビオ」をご存知でしょうか? なんでもアメリカではお茶の間で「ファビオでしょ」「ああ、あのファビオね」「ロマンス本の男ね」というくらい知名度が高い方だそうです。(すみません、私はアメリカ人の家族もボーイフレンドもいないので、今まで知りませんでした)
 ファビオ・ランゾーニというフルネームからわかる通り、イタリア系移民の男性モデルで80年代~90年代にかけて、400冊のロマンス小説の表紙を飾ったまさに「ロマンス本の顔」。ファビオが売れるまでは、ロマンス小説の表紙の男性モデルは無名で注目もされない存在でした。彼自身にとってもロマンス小説の表紙はモデル業の一つの仕事に過ぎなかったのですが、ある時パーティーで編集者に「あなたが表紙に出ている本は良く売れる」とこっそり言われ、そこに可能性を見出した彼はその「他より売れている」というデータを手にロマンス小説関係者に売り込みをかけます。そしてその後、10年以上に渡ってロマンス小説の表紙で自慢の長髪をなびかせながら半裸でポーズをとりまくり、乙女たち(何歳でもそう呼びましょう)のハートをがっちり掴みました。
 セックスシンボルとなったファビオは、CDデビュー、ファビオのロマンス小説朗読ダイヤル開設、ファビオグッズ販売、俳優業やテレビ出演、そしてなぜか「I can't believe it's not butter(バターじゃないなんて信じられない)」というマーガリンのスポークスマン等々、お茶間への快進撃を続けました。

f:id:AgentScully:20200301103643j:plain
ファビオの声が聴きたい!という乙女が多かったのでしょう
www.youtube.com

 ロマンス小説の知名度を上げ、売り上げに大貢献した最初の男性モデル、ファビオ。ロマンス小説を読まない人でもファビオの顔と名前は知っている・・・、アダルトビデオは観ないけど飯島愛さんや蒼井そらさんは知っている、みたいな感じ? 

 それでは、ファビオ様の華々しい表紙の代表作の数々をどうぞ! すごいですよ。笑ってはいけません。モデルさんたちは真剣です。

『Savage Promise』(by Cassie Edwards)
凍てつくアラスカで先住民男性に命を救われたヒロイン。燃え上がる愛! どこまでもあなたについていくわ~! という感じのストーリーらしい。アラスカでこの格好。風呂上り?

f:id:AgentScully:20200301085043j:plain
危ない! 愛が燃え上がり過ぎて髪に火が!

『Savage Thunder 』(by Johanna Lindsey)
セクシーなアラスカ先住民との愛、再び! すがりつく女にケリを入れている・・・わけではない。

f:id:AgentScully:20200301085337j:plain
「このベストも小さくなったわ。もう弟のお下がりにしましょうね」

『Warrior’s Woman』(by Johanna Lindsey)
ロマンスとSFとファンタジーが融合! 時空を超えて旅する女戦士が、野蛮な男性とのめくるめく愛に目覚める!! ・・・なにやらすごそうなストーリーです。

f:id:AgentScully:20200301090149j:plain
老けた衣装ビリビリのアリアナ・グランデを抱き寄せるファビオ様 髪は静電気のせい?

『Captive Rose』(by Miriam Minger)
シリアを舞台にハーレムにとらわれ奴隷のように調教されている彼女を放ってはおけない!必ず俺が助け出す!という歴史ロマンスの様子。女性の下着(?)は一体どういう構造なの?

f:id:AgentScully:20200301094147j:plain
腰ミノ姿で酔っぱらい介抱中!

 完全に時代遅れになったこれらの表紙は、現在はもうちょっと控えめなカバー画に置き換えられている様子。80年代~90年代のほうがエロさでは攻めてますね。あまりに現実離れした表紙アートたちを一般人が真似して遊んでいる企画は以下↓
www.boredpanda.com
 ・・・プロのモデルのすごさがわかります。でもみんな楽しそうです。

 そして、ここまでみんなを熱狂させたファビオがカバーモデルを引退した後、登場したのがジェイソン・アーロン・バカ(Jason Aaron Baca)さん。日本では別の芸名を用意したほうがいいでしょう。Bacaは別の読み方であってほしい・・・と願ったのですが、ニュース出演時の映像では本当にバカバカ連呼されていました。

f:id:AgentScully:20200301104700j:plain
Googleさんによるバカさんのイメージ検索の結果
 しかし、バカさんは、ちょっと残念な名前とは裏腹に、ファビオの表紙登場記録を抜いて約10年で600冊のロマンス小説の表紙を飾ったすごいモデルさんです。しかも、「ファビオを抜こうとかそういう気持ちでやってきたわけじゃない、ひとつひとつを積み重ねたらこうなっただけ」などとファビオ・リスペクトをきちんと見せる謙虚で堅実な男性です。残念ながら昨年2019年表紙モデル業の引退を発表しましたが・・・。
 バカさんは、当初は俳優を目指していたけど、才能の無さからモデルに転向。本屋でロマンス小説を見かけ、自分も表紙になれるんじゃないかと考え、80-90通の手紙をロマンス小説作家に送って表紙にしてくれと売り込んだとのこと。その中の一人が「ちょうどあなたみたいなルックスの主人公の小説を書いている」と返事をくれてロマンス小説の表紙モデルデビューをしたそうです。積極的に動けば評価される、アメリカらしいキャリアの転機です。
 しかし、好調なロマンス小説の売り上げに対し、男性の表紙モデルはそれほど稼げる仕事ではない様子。ニューヨークタイムズの記事によると…

Mr. Baca, for example, works at the Housing Authority of the Santa Clara County, Calif., as a customer-service clerk. And although he has an agent, he said he earned only $20,000 in his best year.
(例えば、バカ氏はサンタ・クララ群で住宅局のカスタマーサービスの事務員として働いている。代理人がいるモデルであるにも関わらず、バカ氏曰く一番良かった一年でもたった200万円の稼ぎだったそうだ。)

 売れっ子のバカさんでさえ、表紙モデルとして一番稼いだ年の収入は約200万円・・・。そんなBacaな! Bacaにされてる・・・?わけではないですよね。
きちんとDay Job(日々の糧を稼ぐ9時5時の仕事、みたいな意味)もやっていた普通の人だったようです。表紙モデルは副業だったのか。

 とにかくファビオを発見してからおもしろくて、ロマンス小説の表紙に関する記事を読んだり、望んでいないのに詳しくなってしまいました。ここまでいろいろ書いてるんだから、ファビオ表紙の一冊を読んでみるかなあ、と米国アマゾンで「なか見検索」で読めるところまでためしに読んでみたのですが、最初の数ページだけでもなんかやる気無くなるくらい結構難しかった。あれです、日本の官能小説とかエロ小説でもやたら高尚な言葉とか読めない漢字熟語使ってるヤツあるじゃないですか。あんな感じでした。 いろんな意味で、アメリカのロマンス小説は私を拒んでいるような感じがします・・・。

今回のエントリを書くのに参考にした記事の一部:
pictorial.jezebel.com
www.nytimes.com

blog.the-x-chapters.info