THE X-CHAPTERS / Xチャプター

米国から本の話題をお届け

迷惑メールに返信してみたことありますか?『Dot.Con: The Art of Scamming a Scammer』(by James Veitch)

f:id:AgentScully:20201018221223j:plain

「外国を旅行中、強盗に何もかも盗られた! これじゃ帰国できない、すぐ現金送って!!」
「ゴールドでいっぱいの金庫を見つけた。輸送を手伝ってくれたら利益は山分け」
「モスクワに住む真剣な恋がしたい女の子です」

 などなど、そんな迷惑メールが来たことありませんか?
 日本にいる時よりこっちに来てからの方がこの手の英語メールがわんさかフィルタにかかるようになりました。一度、実際に旅行をたくさんしている友人の名で「外国で足止めされてる、お金送って、助けて!」メールが来て本当に心配になって返信しかけたこともあります。

 この本の著者、英国のコメディアンであるジェイムズ・ヴィーチは、そこで本当に返信しちゃった人。そしてそこから続けた面白やり取りで一躍有名に。迷惑メール送信者とのやり取りをまとめたTEDの動画は、堂々のTED歴代第三位の視聴者数を誇るとか。

 この本『Dot.Con』には、そんなやり取りの数々がこんなふうにメール形式でそのまま収録されています。

f:id:AgentScully:20201018232250j:plain
『Dot.Con』より

 ご覧の通り、スッカスカでそれほどの厚さも無く、メールのやり取りと言うことで英語も平易なので、ネイティブ・リーダーなら1時間もすれば読めちゃうかも? 笑えますが、値段に見合っているかと言われれば量が物足りないと感じる方も多いかも。私は図書館で借りたので大満足ですが・・・。

Dot Con: The Art of Scamming a Scammer

Dot Con: The Art of Scamming a Scammer

  • 作者:Veitch, James
  • 発売日: 2020/06/02
  • メディア: ハードカバー

 本人出演のTEDの動画も確かに面白かったですが、こちらは本人の解説がほぼ皆無で、淡々とメールのみが載っている分「フン」とドライな笑いがこみ上げます。

f:id:AgentScully:20201018233222j:plain
ロシア美女エレナ「これ・・・私の写真」著者「最高! で、どれが君?」『Dot.Con』より。

 とにかく、著者のクリエイティブな陰湿さがすごい。あの手この手で迷惑メール送信者の時間を無駄にし、徹底的に追い詰めます。
 「そんな目に遭っているなんて大変じゃないか!すぐに現金を送るよ」と返信して相手をその気にさせておいて、ひっぱるひっぱる。「早く送れ」と急かす相手に「君、20万円も無心しておいてその言い方はないだろ? 僕の小説のことは一言も聞いてくれないのかい?」などと存在しない出版予定の小説の裏表紙に載せる賛辞のコメントを送らせたり、「僕たちの愛を詩にしてくれ」
とポエムを送らせようとしたり・・・。

 よくこんな嫌がらせ考えられるなあ、と。元々は見知らぬ人をカモに金や個人情報をだまし取ろうとしている奴らが悪いわけで、犯罪者なんだから正義の鉄槌をこういう形で下してもいいわけなんだけど、著者のしつこさに徐々に迷惑メール送信者のほうが哀れになって同情を感じてくるくらい。しかし、著者は大変楽しそうです。

 ついには、迷惑メール送信者のほうから「Are you real?」とか「もうメールを送らないでくれ」とか「お前は人間の面汚しだ、俺の時間を無駄にしやがって! 狂ってる、バカ氏ね、ファック・ユー!」と言わせるまでに。まったくどっちが・・・。

 「迷惑メールは開かずそのまま削除」が、セキュリティの大原則だと思っていましたが、悪いやつらに一番効くのはこういう陰湿な返信かも? 私もやろうかな? などと思いかける人も多いかもしれませんが、ちょっと待った! この著者は、かなりテクノロジーに詳しく、多分安全な環境でカモられない態勢を整えてやっていらっしゃると思います。その辺の「やるならこうやれば安全」という解説は「匿名のメールを用意するといいよ」くらいしか書いていないので、やっぱり良い子はこれは真似しちゃいけません。
 オレオレ詐欺も実際にお金を振り込まず会話しているだけだったら何も被害は無いわけで、迷惑メールも同じなのかもしれませんが、詐欺師たちに恨まれて変なことされたら大変。腐っても相手は犯罪者ですから。

 ジェイムズ・ヴィーチさんは、サブスク解除の際の面白トラブルなどでもウケているので、私のように「返信してみたいけどちょっとセキュリティに自信無い」という大衆のために、この線でどんどん楽しい続編を出してほしいところです。
 
 最後に彼の例の有名なTED動画を貼っておきますが、なぜか日本語字幕版のほうは全部削除されています。残念。最近持ち上がった著者のセクハラだか性的暴行容疑スキャンダルのせいでしょうか?
英語版↓
www.youtube.com
日本語版↓
digitalcast.jp

blog.the-x-chapters.info